+物損の査定業務
+修繕業務
+実績写真集
1.査定する内容
損害のあり得るすべての「もの」に対して、査定が可能です。
今まで査定をしたものは・・・
・公共物、家屋、ブロック塀、看板、モニュメント、自転車、古物、電化製品、テーブル等の備品、工具、測量機器、電車、営業損害・・・

▲ページトップへ